THEイリュージョン 
  

箱の中に、赤いボールを入れます。箱の上に黒いボールを置きます。布のカーテンで箱をおおうと一瞬に赤と黒のボールが入れ替わります。テレビなどでおなじみのステージマジック「人体交換」の現象を相手の目の前で見せることができます。

考案 : アンジェロ・カルボーン(1998)

ステージで行われるイリュージョンを、そのままのイメージでクロースアップ・マジックに置き換えるというのは、傑作を作り出すひとつの手法です。そういったイリュージョンは、多くの人がテレビで見たことがあるため、実際には異なる内容であっても、はるかに興味を持ってもらえるからです。「THEイリュージョン」は、人体交換という、もっともよく知られるイリュージョンのミニチュア化であり、おそらく多くのクリエーターがチャレンジしたアイデアです。カルボーン氏のこの方法は、イメージが限りなくステージで行われる演技に近いということで、テンヨーのスタッフを魅了しました。

テンヨーとカルボーン氏との出会いは1997年のことです。当時、イギリスに素晴しいクリエーターがいるという情報がテンヨーに入っていました。一方、カルボーン氏はテンヨー製品のコレクターでもあり、もともとテンヨーの製品になることを念頭においていくつかのマジックを考案していました。そこで両者のコミュニケーションが始まり、彼の創作マジックを集めた実演ビデオを送ってもらいました。その内容の素晴しさに、テンヨーのスタッフはドレスデンで開催されるFISMマジック・コンベンションの前にイギリスに立ち寄り、カルボーン氏の自宅を訪ねました。十数点のどれも見事なアイデアの中から、商品化の可能性のあるものをいくつか選び、手作りのモデルをあずかりました。その中のひとつが「THEイリュージョン」だったというわけです。

ジャンボカードを使う方法  豊田 聡

カーテンのかわりに1枚のジャンボカード(普通のトランプの4倍くらいの大きさのカード)を使用する方法です。ステージで行われる演技とはイメージがかわってしまいますが、よりスピーディーに、さり気なく見せられます。カーテンに使用している仕掛けを2枚のジャンボカードの中央にはさんで糊付けします。演技に入って、2コのボールをセットするところまでは説明書通りに行います。あとはカーテンでおおうかわりに、ジャンボカードを箱の前にもってき、上下あるいは左右に横切らせるようにすれば、一瞬にボールが入れ換わります。